鉄骨建物解体

鉄骨解体工事のポイント

■騒音・振動の対策
鉄骨造の建物は屈強なので、解体作業時は木造よりも大きな振動や騒音が発生しやすいです。
近隣の方々にご迷惑をかけないためにも、解体作業時は建物をしっかりと防音シートで覆い、廃材が飛散しないよう、周囲の養生を行います。

■自治体への届け出
大型の建物の場合、通常の届け出に加えて「大規模改修工事着手届」や「特定建設作業届」の作成が必要です。
届け出は原則として発注者本人が行いますが、当社ではこれら申請書類作成のサポートも行っております。

 

鉄骨解体の工法

■ガス切断工法
ガス切断工法は金属を高い温度で酸化させ、その酸化物をガスで吹き飛ばすことで、鉄骨を切断します。
振動・騒音が少なく、建物が密集している場所や、狭い場所での使用できる工法です。

■鉄骨切断カッター工法
油圧ショベルの先に、鉄骨切断カッター機を取り付けて解体を行います。
大規模な解体でもスムーズに工事を進めることができ、速度も早いのがその特徴。
高所作業も少なく済むという特徴があります。

【電話番号】078-939-4077
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】9:00~19:00 定休日:日曜・祝日
【対応エリア】神戸市を中心に関西地域にお伺い
※詳しくはお問い合わせください

一覧ページに戻る