RC解体

RCの解体工事のポイント

■工事の難易度
頑強に造られているRCは、木造や鉄骨より解体の難易度が高くなります。
大型重機を使う必要がありますので、慎重に作業を進めてまいります。

■周辺への注意
RC解体は、ほとんどの場合大型重機を使うことになります。
解体する際、特に壁を壊す時には注意が必要です。
周辺にガレキが落ちないようにするのはもちろん、粉塵を防ぐために水を撒きながら工事を進めていきます。

 

RC解体の工法

■圧砕機工法
圧砕機をショベル系の建設機械に取り付けて油圧操作でコンクリートに咬みつき、強力な圧力で構造物を破壊する工法です。

■大型ブレーカー工法
大型ブレーカー工法も通常ショベル系の建設機械の先端部に部品を取り付けて作業を行います。
対象物を掴んで砕く圧砕機工法と違い、コンクリートの縁に圧力をかけて砕いて破壊します。
解体範囲が小規模であれば手で持って使用するハンドブレーカーを使い作業を進めます。

■転倒工法
転倒工法は上の2つの工法よりも単純で、外壁を地面に転倒させ、コンクリートを運び出せるくらいの大きさに割る工法です。
この工法は、外部への解体柄の飛散が少なくなるというメリットがあります。

【電話番号】078-939-4077
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】9:00~19:00 定休日:日曜・祝日
【対応エリア】神戸市を中心に関西地域にお伺い
※詳しくはお問い合わせください

一覧ページに戻る